読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unicorn のプロセスを終了させる

下記のコマンドを実行する。

kill -QUIT `cat tmp/pids/unicorn.pid`
  • unicorn の親プロセスの ID は tmp/pids/unicorn.pid に保存されている。

unicorn の起動コマンド

bundle exec unicorn_rails -c config/unicorn.rb -E development -D

-c: コンフィグファイルのパスを指定する。

-E: Rails の環境を指定する。この場合は development 環境となる。

-D: バックグラウンドで実行する。

指定した名前のDockerコンテナが存在すればdocker stopコマンドを実行する

sudo docker ps -a --filter "name=app" | awk 'BEGIN{i=0}{i++;}END{if(i>=2)system("sudo docker stop app")}'
  • --fileter "name=app"docker ps -a の結果の中からコンテナ名が app であるものだけを表示するオプション。
  • sudo docker ps -a --filter "name=app"で出力された行数を awk でカウントし、2行以上であれば app コンテナが存在するものとして sudo docker stop app を実行する。

全てのDockerイメージを削除する

sudo docker images -q | xargs sudo docker rmi

Capistrano のタスク間で共有できる変数

set :hoge, capture("pwd")

変数 hogecapture("pwd") の実行結果が格納される。この hoge は別のタスクからでも fetch(:hoge) と書くとアクセスすることができる。